端午の節句♪

f0119863_1020263.jpg


端午の節句は、奈良時代から祝われている古い行事です。
端午というのは、月の初めの午(うま)の日という意味の言葉です。
それが、午と五の音が同じなので、いつの間にか、毎月の五日をさすようになり、さらに、五月五日だけをいうようになったのです。
このころの五月五日は、病気や災厄を避けるための行事が行われる重要な祭日でした。
宮廷では、この日に、菖蒲を飾り、皇族や臣下の人々に、蓬(よもぎ)などの薬草をくばったりしました。
また、病気や災をもたらす悪鬼を退治する意味で、騎射(きしゃ)(馬から弓を射る儀式)などの練武の催しも行われました。
平安時代の末ごらから行われた練武の催しの一つに、印字切(いんじきり)、印字打(いんじうち)という石合戦があり、鎌倉、室町をすぎて、桃山時代ごろまで続きました。
その後、平和な世の中が来ると、この催しは、菖蒲打(しょうぶうち)、菖蒲切(しょうぶきり)、といって、菖蒲でたたきあう子供の遊びに変化して、江戸時代の末まで行われました。
鎌倉時代の武家政治の世の中になると、朝廷の端午の節句の行事は廃れました。
しかし、武士の間では尚武の気風が強く、菖蒲と尚武をかけて、尚武の節日として盛んに祝いました。
菖蒲や蓬を、屋根や軒にふき、菖蒲まくらをしたり、菖蒲酒を飲んだりしました。
甲冑や刀、槍などの武具や旗幟も飾りました。
江戸時代になると、五月五日は徳川幕府の重要な式日に定められ、大名や旗本が染帷子(そめかたひら※麻のひとえもの)の式服で江戸城に出仕し、将軍にお祝いをのべました。
また、将軍に男の子が生まれると、表御殿の玄関前に馬印(うまじるし※〔昔、戦場で〕大将の馬のそばに立てて、目印としたもの。)や幟を立てて祝いました。
端午の節句が男の子の誕生の祝いに結びついたのは、このころからです。
そして、武士の間だけでなく、一般の人々にもこの行事がとりいれられていったのです。
初めのころは、玄関前に幟や吹流しを立てて祝いましたが、やがて、厚紙で作った兜や人形、紙や布にかいた武者絵なども飾るようになりました。
江戸の中ごろには、武士の幟に対抗して、町人の間で鯉幟が盛大に飾られるようになりました。
また、野外の飾りを小型化して室内に飾るようになりました。(節句協会より)

兜・鎧の飾り金具の柄には、牡丹の花や蝶などが施されています。
牡丹の花は昔から富貴花と言われ、富の象徴
蝶は幼虫→蛹→成虫と形を変えていくために、成長と出世
トンボは前にだけ進んで飛ぶ事により、「勝ち虫」と言われます。
ご自宅の鎧・兜を飾った時には、チョットだけ目を向けて下さい。

ご家族で、楽しい端午の節句のお祝いをお送りください。

FUJIFILM FinePix S5 Pro
レンズ:レンズ:SIGMA 150㎜ 1:2.8 APO MACRO DG HSM D
フィルムシュミレーション:F2(Nikon Capture NX:アンシャープマスク処理)
一日一回 ポチっ(*・・)σとしてくれると、嬉ししいですにほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ・・・こちらへもよろしくですm(__)m
画像掲示板へも、ご訪問ください。
[PR]
by koumonomio | 2009-05-05 10:31 | 季節の行事?
<< GET-UP!!(下駄っぷ) ... ブン♪ブン♪ブン♪ >>