お供え崩し(鏡開き)

この正月飾り(「松飾」&「輪飾り」)を見かけて、思わず感動してしまいました^^ゞ

「kadomatu」
f0119863_17432867.jpg

正に、「角松」!!角に松・・・お後が宜しいようでm(__)mテケ♪テン♪テン・・・・♪

今日(11日)
「お供え崩し」(「鏡開き」) をされたお宅は多いでしょうか?
σ^^家は、除夜の鐘を聞いた後にお供えした「鏡餅」を崩して、
「お汁粉」にしたり「焼餅」にしたりして毎年食べます。

「お供え崩し」(「鏡開き」)は、もとゞ新年の「仕事&行事初め」の儀式の一つです。
「鏡」が丸い事から「円滑」「円満」、 「開き」が「末広がり」の意味合いから、
「おめでたい事が続きますように」、との願掛けの意味合いがあると、
子供の頃、祖母から聞いた事があります^^・・・σ^^は、ばあちゃん子なのでw
この日ばかりは、「無病息災」を願って、「お汁粉」は外す事が出来ませんg

追記:松飾りの「門松」を、門塀の角に着けていたので、「角松」とさせて頂きました^m^ゞ
[PR]
by koumonomio | 2007-01-11 17:43 | 季節の行事?
<< 喫茶店 ショーウインドー >>