小さなカエル

夏の夜に、何処かから聞こえてくるカエルの合唱を聞いていると、
オタマジャクシから上陸しだした小さなカエルを見つけに、
近くの田んぼへ出かけたくなります^^

カエルは、農作物につく害虫などもたくさん食べる益虫であり、逆に、色々な動物達の餌にもなって生態系を維持しているのでしょう。
・・・飛び跳ねて逃げるだけで、外敵に対して反撃手段を持っていませんからねぇf^^;
今年も、小さなカエルの姿を見つけて、
近所にも、まだゞ自然が残っている事にホッと心をなでおろしました。
(昨年12月のペットの話や、6月の神奈川県内で、カエルツボカビ症に感染したウシガエルの固体が自然界で発見された記事を読んで、日本各地でカエルツボカビ症が広まらない事を切に願います。外来種のカエルだけでなく、熱帯魚など水生生物を飼育している場合も、飼育水の排水は基本的に殺菌消毒する姿勢を忘れないで欲しい。)

「小さな仲間」
-standard-
f0119863_12264818.jpg

-standard-
f0119863_23451527.jpg

-F2-
f0119863_23454011.jpg

浮き草の大きさが3~5mm程度ですから、カエルの大きさは・・・w

今回も撮って出しですが、-standard-のカットは、
ある程度、忠実な発色で今回のような被写体の場合、σ^^には好ましく感じられました。

FUJIFILM FinePix S5 Pro 
レンズ:SIGMA 150mm 1:2.8 APO MACRO DG HSM D

ポチッ!と、よろしくβ^^>にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by koumonomio | 2007-07-03 00:20 | 昆虫・動物
<< 茅の輪くぐり 水戸八幡宮の紫陽花 >>