鏡開き(お供え崩し)

話が面白かった。と思ったら、ポチッとよろしくお願いしますにほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
人気ブログランキングへ・・・こちらへもよろしくですm(__)m

FUJIFILM FinePix S5 Pro
レンズ:Nikon ED AF 300mm F4
フィルムシュミレーション: standard(silkypixにてモノクロ化)

本日、2回目の更新です。
f0119863_2165539.jpg


今日(1月11日)は、「お供え崩し」(「鏡開き」) をされたでしょうか?
我が家は、昔から、12個の鏡餅(二段24個の丸餅)を屋内の決まった場所へお供えします。
この12の数は一年12ヶ月を表し、神棚には、大きな一つを中心に東西南北の各四神に一つずつ、
他の場所にはそれぞれ土地神・先祖・竜神・竈神・汚物神など八百万の神様へお供えします^m^
子供の頃からこうした光景を見ているので、正月に鏡餅を飾るのがσ(^-^)にとっては普通の光景ですが、
これほど鏡餅を飾るお宅は少ないのでしょうかねぇ^_^;

今日のお昼は、崩したお餅で「お汁粉」を食べました~♪
「お供え崩し」(「鏡開き」)は、もとゝ新年の「仕事&行事初め」の儀式の一つです。
「鏡」が丸い事から「円滑」「円満」、 「開き」が「末広がり」の意味合いから、
「おめでたい事が続きますように」、との願掛けの意味合いがあるそうです。

我が家では、写真のような正月飾りは、14日に取り下げ15日には「小豆粥」を頂きます(^-^)v
[PR]
by koumonomio | 2008-01-11 21:17 | 季節の行事?
<< 枯れ蓮のリズム コブハクチョウ (ハートマーク) >>