ひな祭り(雛人形職人のつぶやき)

ランキングに参加しています。ポチッと応援よろしくお願いしますにほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
人気ブログランキングへ・・・こちらへもよろしくですm(__)m

「ひな祭り」の想い出ってありますか・・・?
嬉しかったり、悲しかっり、色々な思い出を持っている方・・・お幸せですね(^-^)
それはさて置き、
そもそも「ひな祭り」に飾られる雛人形って何だと思いますか??
雅で煌びやかな衣装をまとった雛人形たち・・・
美術工芸品?芸術作品?末代物・・・?
今では多くの販売店まで、このような認識で雛人形を扱っているようにも感じられます・・・。。

昨年読んだ方には、今年も同じような話で申し訳ありませんが、
産まれてこのかた雛人形に関係してきて、
あまつさえ、雛人形の職人になってしまった私ですが・・・^_^;
先々代より聞いてきた事や調べた事を私個人の考えである程度簡単にまとめてみれば、
・・・風呂敷を広げすぎると、収拾がつかなくなるので(笑

日本古来の土偶・人物埴輪など人間の形をかたどった形代(かたしろ)=人形(ひとがた)を使った身代わり信仰の現われで、
老若男女問わず、病や怪我をした時に草・藁などで身代わりの人形(ひとがた)を作り、患部を撫でたり、手で触れた後に、
厄災を封じ込めた形代を火に滅したり、海・河(川)に流していた道具(現代でも「流し雛」として残っている人形)(各地の神社で行われる夏越し(なごし)の大祓いの原形と言われています。)
が、やがて中国の重日思想(一度あることは二度あると考えられ、奇数の重なる日を忌み嫌い厄払いをする風習)を取り込んで、
上巳の節句に使われる天児(あまがつ)・這子(ほうこ)と言う、
それぞれ子供の枕元に置いたり、身につけたりする人形に発展していき、
それとは別に”源氏物語””枕草子”にもでてくる複雑な貴族社会において、
宮中で行われるさまざまな年中行事に必要な礼儀作法を、
幼少時から遊びの中で学ぶために使われていたと思われる
“ひいなあそび”の人形などと長い年月を隔て合わさって生まれたものだと考えられます。

今でさえ、お内裏さまとお雛様がペアで並んでいますが、もともとは一体の人形・・・
時代とともに、天児を男子・這子を女子に見立てて、
生まれてきた女の子が「いいお婿さんを迎えるように」との願いを込めて、
揃えて飾られるようになったとも言われています^m^
・・・お内裏様は、可愛い娘を持った父親にとっては、チョット憎い奴(爆

よくお客様に
「雛飾りは、どの位の年齢まで飾ればいいのですか?」
と聞かれますが、
こうした話を踏まえて、
お姫様をお嬢さんの花嫁姿・お内裏様を未来の旦那さんにたとえることより、

「身代わり人形なのでできれば一生飾って欲しいのですが、少なくとも、
お嬢さんがお婿さんを迎えるまでは飾って下さい。

と、お話をさせて頂きます(^-^)
※当地方では昔から、お母さんの雛人形は隣に座っているお婿さんが決まったもの・・・、
古い雛飾りを次の世代の女子に使い回しする事は、「既婚者に嫁げ・・。(妾になれ)」との意味合いにも取れるので
「子供を前代の厄災で汚し、婚期を無くす!!」
と言って、非常識な飾り方とされています。
従って、
県内各地で行われる「ひな祭り」のイベントなどでは、
一軒のお宅に、その時代々の数多くの雛飾りが並びお披露目されます(^-^)

ここまで付き合ってくれたみなさま・・・
もしかして、
「お雛さんを触っちゃダメ!!」
と子供に言い聞かせていませんか?^_^;

時折、祖母が雛飾りを見ては、
「昔の人は、雛人形は子供に触らせる物で、その子供が成人するまでに壊す物と言っていた。」
と話してくれた事を思い出します。・・・σ(^-^)は、バーちゃん子なのですw
『これは、本当に壊すという意味ではなく、雛人形を贈られた子供がある程度分別のついた年齢(七歳の祝い)になったら、
「親子で雛飾りを飾ったり仕舞ったりして、高価な物の取り扱い方を教えたり、お客さまを呼び礼儀作法を子供に教える祝い」であり、
その時、子供が雛人形や雛道具を壊してしまったとしても
「子供の”厄(厄災)”を雛人形に背負わせたと思い叱ってはいけない。」
と言う意味だよ。』

と私に教えてくれました(^-^)

けっして、高級品で無くとも好いのです。
どんな形にしても生まれた子供のための雛人形を揃えて、
できれば子供と一緒に飾り、触らせて、
子供たちの一年間の厄災を雛人形に移しとって貰い、
親子で”ひな祭り”の想い出を作ってください。
どんなに雅で綺麗な雛人形でも、それがお仕事であり役目です(^-^)
※クリスマスなどの西洋のイベントを否定する事はしませんが、
日本古来のこうした行事を行う事も大切だと思います。

衣装の色合わせやら禁色など話を広げると収拾がつかなくなるので・・・
この辺で手を止めておきます^_^;

f0119863_49022.jpg

f0119863_491992.jpg

σ(^-^)が製作して、今期に販売した雛人形の写真です。
もちろん、
σ(^-^)は雛人形職人(雛人形胴柄師)になって、ようやく17年になるので、
サイトでも紹介している
衣装布の裁断→縫製→組上げ→振付までの十五人揃の雛胴の全工程・・・
普通の職人なら見ず知らずの下職に任せてしまうような仕事まで、一通りの仕事ができます。
でも、
この道56年の親父から言わせれば、まだゝひよっ子なのでしょうねぇ^_^;
まぁ~自分で納得してしまって天狗になったら、職人は終わりですから・・・日々精進々。。

それでも、勝ち負けで判断するのもなんですが、
そん所そこらの名ばかりの職人には負けません!!^m^ゞ

FUJIFILM FinePix S5 Pro
レンズ:AF-S DX Nikkor ED 18-70mm F3.5-4.5G IF
フィルムシュミレーションモード:standard
SILKYPIXにて、記憶色1

追記:
当店が制作する水府雛・・・
昔から、
お姫様には、
衿元(姫衿)には、“魔除け”の意味合いの朱色(赤色)、
または、“長寿”を願う柿色(金茶色)、

若葉が伸びる姿に子供の健やかなる成長を願い、
“虫切り”“虫封じ”の意味合いを込めて、
緑色(若草色)の衣装を身に付けさせます。

・・・現在、当店で製作している多くの雛人形は、出袖口に見える単衣の色合いです(^-^)
[PR]
by koumonomio | 2008-03-03 10:20 | 季節の行事? | Comments(24)
Commented by ushuna at 2008-03-03 15:56
こんにちは。
いろいろ知らなかったことばかり、勉強になりました。雛飾りは一
生なんですね。我が家の放し飼い娘は、もういいよと言って、最近
は飾っておりませんでした。
それにしても、やれクリスマスだバレンタインデーだと西洋かぶれ
になっているこの頃を反省させられました。
Commented by  花遍路(1000-kaze) at 2008-03-03 19:10 x
お久しぶりです!
生きてますよぉ・・・・あはは・・・

お雛様の力の入った解説よぉく読ませて頂きました。
この年齢ですから、空襲で丸焼けなんです。
無いのですよ。
なので、和紙の可愛い立ち雛を持ってますよ。
あはは・・・
Commented by KENT at 2008-03-03 20:59 x
こんばんは。
昨年もそうでしたが、今年もとても勉強になりました!(^^)!
やっぱり小林さんのコメントは、内容が濃い!
納得ですよ~(#^.^#)
Commented by てるえ at 2008-03-03 23:02 x
こんばんわぁ~♪

お雛さまの由来等見せて頂きました 娘も二十歳を過ぎたので最近は
お雛さま飾っておりませんが反省です・・
昔古来の伝統行事は心和みますね 日本人に生まれてよかった・・(笑)
ポチッ ポチッ 応援しております~~♪
Commented by at 2008-03-04 06:38 x
おはよー
子供の時お雛様はわたしの大事な遊び相手でしたよ^^
学校から帰ったら、今頃の時季は毎日ひな壇の前で折り紙で
自前のお雛様を作り、それをりっぱなひな壇のお雛様の横に
並べて遊んでました。楽しかったです。今では夢のような豊か
な日々でした。小林さんのお雛様 すてきですね~
こんなすばらしいものを拝見でき感謝します。
ありがとー (^-^*)
Commented by mako at 2008-03-04 08:30 x
koumonomioさん
今年はお雛様の撮影は止めました。
何時も護国神社で撮ってましたが、お気に入りはこの(koumonomioさんの)お雛様でした。
あそこに沢山並んでますけど、何と言ってもこの作品が目を惹きます。
Commented by rrb at 2008-03-04 09:42 x
おはようございます。

雛人形のお話や昔話を聞きながら、
祖母と一緒に出し入れしたのが懐かしい…。
日本古来の伝統は大切にしたいですね。
Commented by yk-vagabond at 2008-03-04 10:07
なるほど お雛様も奥が深いのですねぇ~
我が家には 縁の無いもでしたが 先日妻が「つるし雛」を買って来ました
もう一度 嫁に行きたいのだろうか? (o_ _)oドテッ!
Commented by Mie at 2008-03-04 10:35 x
雛人形の由来をしっかり読ませていただきました、
知らないことばかりで勉強になりましたが、それにしても紐解いていくと
奥深く面白そうですね、立派なお仕事につかれている小林さん素晴らしいです!!
我が家は男の子でお雛様は無いのですが、とても可愛いつるし雛を友達が作ってくれました。(^・^)

Commented by 発節句もとい初節句 at 2008-03-04 12:10 x
あたらしいひな人形の髪がほつれてしまいかなりショックです・・・
修理を・・・とおもったのですが修理は必要ないってことでしょうか??
買ったばかりであきらめきれません(/_<。)ビェェン
Commented by metabooyaji67kg at 2008-03-04 14:11
勉強させていただきました。ぜんぜん知りませんでした。
ありがとうございます。
ウチの娘には今日から早速触らせてみようかと思います。
HP見させていただきましたが、雑誌で見たことある写真が!!
自分もがんばります。
Commented by koumonomio at 2008-03-04 19:44
ushunaさん
イルミネーションなどの新しいイベントを否定するわけではありませんが、日本の気候に合った行事も家族で楽しんで欲しいものです(^-^)
Commented by oldsan at 2008-03-04 19:49
最後の創作雛人形は上品で素晴らしいですね~.
小さい人形を丁寧に写真に撮り,大判プリントすると,
際立って綺麗に見えること多いですね.
Commented by koumonomio at 2008-03-04 19:53
花遍路さん
>この年齢ですから、空襲で丸焼けなんです。
>無いのですよ。
花編路さんが貰った雛人形は、大役を果たしたのですね(^-^)

初節句のお祝いのためでなければ、幾つになって購入しても良いのですから、花遍路さんのお雛様として現在持っている和紙の立ち雛を毎年飾って下さいね~(^-^)
Commented by koumonomio at 2008-03-04 19:56
KENTさん
今年は話を衣装や道具に持って行こうか?悩みましたが、毎年同じ話を続けていく事で、
少しでも雛人形の基本的なことを理解して貰いたくて・・・^_^;
昨年、読んでもらった方々には、毎度同じ話ですみませんm(__)m
Commented by koumonomio at 2008-03-04 19:59
てるえさん
一年に一度のちょっとしたお仕事で、家の中も華やぎますから、来年はぜひ飾って下さいね(^-^)
Commented by koumonomio at 2008-03-04 21:38
花さん 
花さんも、とても素敵なひな祭りの想い出があるのですね~♪
我が家の娘も、先日、幼稚園で作ってきた紙製のお雛様を横に飾りましたよ(^-^)
・・・こちらも、毎年飾ろうと娘と話しました♪
Commented by koumonomio at 2008-03-04 21:38
makoさん
ありがとうございます(^-^)
自分の仕事を自分で撮影するって・・・何時も恥ずかしく、難しいです^_^;
これからも、少しでもいい仕事が出来るように、日々精進を続けていきたいと思います(^-^)
Commented by koumonomio at 2008-03-04 21:39
rrbさん
おばあさんとのひな祭りの想い出をお持ちなのですね~♪ 素晴らしい!
σ(^-^)も亡くなった祖母との雛人形を通した思い出がたくさんあります。
Commented by koumonomio at 2008-03-04 21:39
yk-vagabondさん
「お内裏様とお雛様には、仲むつまじく暮すように・・・」との願いも込められるので、
ラブラブ~♪^m^
Commented by koumonomio at 2008-03-04 21:39
Mieさん
雛人形の由来やお祝いとしての地域色を紐解いていくと、本当に奥が深いです(^-^)

今日、一般的に通用する言葉だけで各種マスコミが流してしまう情報もあるので、特に地域色が薄れてしまっている部分が多いですが、できる限り地域に則した話を大切にしていきたいと思っています(^-^)地域色は大切です!!
Commented by koumonomio at 2008-03-04 21:40
発節句もとい初節句さん 書き込みありがとうございますm(__)m

>修理を・・・とおもったのですが修理は必要ないってことでしょうか??
今年新しく揃えた雛人形・・・
特に目立つ雛頭の部分は、これからも永年飾っていく上で気になりますよねぇ^_^; 
購入したお店で有料無料は分かりませんが、何かしらの対応をしてくれると思います(^-^) お早目にご相談下さい。
※当店で購入した雛人形でしたら、飾り終わった後にでも持ち込んで下さいね。(遠方の場合、メール連絡を下さい。)

ただし、私の地域では、「何時までも綺麗でいるお雛様は、おさぼりのお雛様・・・。」と言う言葉もあります。
雛人形も子供の成長と共に、壊れたり、汚れていく事はしっかりとお仕事をしてくれている証拠にもなるのですよ(^-^)目出度い事です♪

追記:
まったくの新品のようには直りませんが、少しだけほつれた髪の修理は、素人さんにもできるので、ご自身で直したければ当方のサイトからメールを下さい。詳しい方法をお教えします。
その時は、ほつれた髪の写真を頒布して下さいね(^-^)
Commented by koumonomio at 2008-03-04 21:40
metabooyaji67kgさん
意味合いがあって飾るものなので、毎年、娘さんと飾り付けをして思い出をたくさん作って下さいね(^-^)

サイト見て頂いてうれしいです(^-^)ありがとう~♪
Commented by koumonomio at 2008-03-04 21:40
oldsanさん
何時も雛人形を作っている話ばかりしているので、今年は親父が製作した雛人形ではなくσ(^-^)の製作した雛人形を・・・(笑
<< 真壁のひなまつり④ 真壁のひなまつり③ >>