カテゴリ:季節の行事?( 100 )

月夜に響く

f0119863_351137.jpg


FUJIFILM FinePix S5 Pro 
レンズ:Nikon AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-200mm F2.8G (IF)
フィルムシュミレーションモード:standard

ポチッ!と、よろしくβ^^>にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by koumonomio | 2007-09-07 03:05 | 季節の行事?

盆踊り

-1-
f0119863_1374322.jpg

-2-
f0119863_1402448.jpg

夏の終わりに・・・

FUJIFILM FinePix S5 Pro 
レンズ:Nikon AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-200mm F2.8G (IF)
フィルムシュミレーションモード:standard

ポチッ!と、よろしくβ^^>にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by koumonomio | 2007-09-05 01:41 | 季節の行事?

ペルセウス座流星群

むかしゞ天文少年だったσ^^は、
三大流星群(ペルセウス座・ふたご座・しぶんぎ座/「しぶんぎ座」という星座は現在存在しません)の一つで毎年夏の風物詩、
ペルセウス座流星群の活動が活発になる8月12~13日頃(極大)の夜空を楽しみに夜更かししています^m^ゞ
(流星の放射点がペルセウス座に存在するために、ペルセウス座流星群と呼ばれている)

今年は久しぶりに流星撮影にチャレンジしてみましたw
と言っても、
カメラS5 Proを三脚に乗せベランダにセットして、
リモートコード(MC-36)のタイマーを作動させて自動撮影しただけです(汗
・・・σーーは30分~1時間程度観測して、後は部屋でDVD鑑賞w
2日間撮影を行いましたが、2日目に1枚だけ流星を写す事が出来ましたg
それも同一カットに2つの流れ星~♪・・・ただし、どちらも終点はフレームアウトしていますが(涙
※街明かりの影響が少ない、天頂方向(放射点から西へ流れる流星狙い)へカメラを向けたのが不味かったかなぁ(反省

右上の薄く長い線と右下の太く短い線が解るでしょうか?
f0119863_2164759.jpg

モノクロ画像
f0119863_2172173.jpg

2日間の合計撮影枚数256枚(大汗
ちなみに、肉眼では2日間で合計13個の流星を観測する事が出来ました。

FUJIFILM FinePix S5 Pro 
レンズ:SIGMA 28mm F1.8 EX DG ASPHERICAL MACRO
ISO:800  
露光時間:30秒
フィルムシュミレーションモード: standard
トーンカーブ補正


ポチッと応援宜しくβ^^>にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by koumonomio | 2007-08-16 03:17 | 季節の行事?

花火

チビ達連れて、地元の花火大会へ出かけてきました^^
台風の影響で風が強く、花火が流れてしまいイメージしたようにはフレーム内に配置させる事が出来ませんでした。
・・・ボツカットばかり(大汗

「夜空のクラゲ」
・・・この仕掛け花火は、クラゲに見えてしまう(汗
f0119863_0553561.jpg

関東もようやく梅雨明けして、これから暑くなりそうです(汗
皆様も、お体ご自愛下さい。

FUJIFILM FinePix S5 Pro 
レンズ:AF-S DX 18-70㎜F3.5-4.5G ED
フィルムシュミレーションモード:standard
ダイナミックレンジ:400%

ポチッと応援宜しくβ^^>にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by koumonomio | 2007-08-04 01:02 | 季節の行事?

茅の輪くぐり

先週の金曜日に、水戸八幡宮では、夏越大祓式の茅の輪が設けられていた。
神事当日は、正月から夏までの半年間の汚れを祓い清める参拝者で賑わうらしい。

「参拝」
f0119863_111349.jpg

F2:撮って出し
手前左側のゴミ箱?を外したかったが、奥行きを出すために、あえてそのまま撮影しました(汗
・・・外したほうが良かったかな~f^^;

それにしても、S5のF2モードは、撮って出しでこれだけの画像が手に入れられる反面、露出がシビアなように感じられる。
・・・アンダーで撮り押えておいてソフトで補正すると、どうしてもシックリこない(汗

FUJIFILM FinePix S5 Pro 
レンズ:SIGMA DC 18-50mm 1:2.8 EX D

ポチッ!と、よろしくβ^^>にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by koumonomio | 2007-07-04 01:14 | 季節の行事?

ひな流し

日曜日の午前中、以前より、チビ達にせがまれていたので偕楽園へ出かけてきました^^;
σーーの撮影時間帯とは違って、もの凄い人出!!(驚・・・休日の観光地、恐れ入りましたm(__)m(大汗
丁度、
「ひな流し」のイベントを行っていたので、「何か面白いカットが撮れないかなぁ~」と周りを見回していたら、
デジタル一眼を構え始めた巫女さんが・・・^m^♪
自分のカメラではないのでしょう、
カメラを構えている姿が、
デジタルコンパクトや携帯電話の様に、モニターを一生懸命覗きながら(確認しながら?)手間取っていました(笑
・・・・巫女さんの撮影姿もチョット面白いので、素早く近づき、とりあえず1枚カシャ!(一安心
ついでに、画面内の観光客が、何かアクションを起こすのを待って、
(右下のご婦人が、指を指したタイミングを計って)あと一枚カシャ!!ラッキー~♪♪
巫女さんには、撮影後、モニターを見せて許可を頂きました^^g

「撮影中」
f0119863_915372.jpg


SIGMA DC 18-50mm 1:2.8 EX D

ランキング参加してみました♪ポチッ!と応援してねβ^^>にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by koumonomio | 2007-03-05 09:17 | 季節の行事?

桃の節句

「雛人形を3月3日が終わったら直ぐに片付けないと、その子供が嫁ぎ遅れる・・・。」
今では常識のように、TV・雑誌・ましてやお店の販売員までが言っている言葉ですが、
実を言えば、この言葉、
某人形店が考え出した「売り口上」だって事、知っていましたか?
元々、
「祭り・行事が終わったのに、すぐに片づけをしないと季節感を失う・・・」と、言うような意味合いで使われていた躾言葉はあったのですが、
雛人形とは限定されている訳でなく、行事全般を指して使われていました。
この躾言葉を、「雛祭り」が女性主体の行事であったために、某人形店の店主がお客さんに簡単に伝えるため?に、「片付かない」を「結婚適齢期の女性が嫁がない」時にも使われる言葉のために、少しアレンジ?して店頭で話したのが始まりで、インパクトが強すぎたために、ほぼ全国に伝わってしまったものらしいですf--;困ったものですねぇ~・・・(汗
※ある意味、「口裂け女」のようなもの・・・f--;
※戦前から人形店を営んでいる店では、こんな言葉は使いませんよwたぶん

では、
「雛人形」って、どのようなものなのか?解っていますか?
「雛人形」は、宮中の女性の間で使われていた「ひいな遊び:ひなな」の人形と、呪術的道具「器」の「形代・ひとがた」が合わさって、現代の形になったと言われています。
「ひいな遊び:ひなな」とは、
源氏物語や枕草子にも出てくるのですが、
宮中の女性の間で、現代の「お飯事(おままごと)」のような遊び?の中で、「挨拶」や「作法:道具の出し入れ」などの「躾」を学ぶために、花嫁修業の一環としても行われていたそうです。
(※七五三で言う所の七歳「帯解(おびとき)・紐落(ひもおとし)」を迎えた女子を、一人前の女性と認めて花嫁修業をはじめたそうです。)
「形代・ひとがた」とは、
身代わり信仰の現われで、元々は、病人が出たときに、藁や木などを用いて人形(ひとがた)を作って、病人に触らせた後に、火で滅したり、海・川に流したりした「道具:器」なのです。
※紙は貴重品のため、使われるようになったのは大分後になってからです。
これが後に、
毎年行われる上巳の節句の神事に使われる「天児(あまがつ)」や「這子(ほうこ)」と言われる祓い人形に発展していき、この人形を枕元に置いたり、体を撫でたりして、「身のけがれ」や「厄災」を人形に移し、海・川に流すことで子供の健やかな成長を祈るものになりました。

このような事から、
「雛飾り」を送られた子供と出し入れする事により、
子供の身に付いてしまった一年間の「厄災」を雛人形に移し、
出来れば、お客さんたちを迎え入れる事によって、お迎えやお見送りなどの「礼儀作法」と「物の取り扱い方」を子供に教える行事なのですよ^^ゞ
 
「こうした『躾』をきちんと教えない両親が育てた子供は、『無作法者』に育つからお嫁に出せないよ。」
・・・本来、某人形店の店主もこう言いたかったのだと思いますf^^;
「雛飾り」は高級品だから、子供に触らせたくないって・・・
そこのお父さんお母さん、基本的に間違っていますよ~(-/〇\-)
あくまでも、子供に触らせる「道具」です。
※どんなに高級品でも、ただの「お飾り」ではありません!!
・・・近頃は、チョットした「美術・芸術品」と勘違いしているお店もあって困ったものです(怒

「夢託して」
f0119863_14393029.jpg

おひな様が、未来の子供の花嫁姿♪
お内裏様が、未来の子供の旦那さん♪・・・父親にとっては、チョットにくい奴^m^ゞ


お母さんの「雛人形」は、旦那さんが決まったもの・・・
この「雛人形」を赤ちゃんに譲ると、「奥さんがいる男性と結婚しなさい」との意味にもなり、「不道徳」として、古い雛人形を赤ちゃんに譲る事はしません。
※家宝として、飾る事は問題ないですよ^^♪
ただし、
出所不明の古い雛人形を家に迎えることは、お勧めしませんがねぇ~。
・・・あくまでも、「厄災」を入れる「器」ですから(大汗
※「身代わり」の「器」でもあることから、
日本人の心のあり方からも、古い雛人形を赤ちゃんに譲る事は禁忌事です。
・・・せっかく、「真っ白」に生まれてきた赤ちゃんを他の人の「厄災」で汚してしまいますから(大汗

小さなお子さんの育児にも手がかかっているのですから、3月3日が終わったからって、あわてて片付けなくとも問題ありませんよ^^g
少しゆっくり楽しんでも、季節は「春」ですから♪・・・全国のお父さんお母さんへ

舅&姑さんたちに何か言われたら、このページを見せてね^m^ゞ
※地域やお宅によっては、「月遅れ」でお祝いをする場合もあります♪

「子供が幾つになるまで、雛飾りを飾ればいいのか?」と、聞かれる事がありますが、
昔から、
娘に結婚が決まると「雛人形が、娘にお婿さんを連れてきた。」とも言います。
・・・雛人形のお役目が一つ済んだ事になります^^g これが、大役かな^m^;

SIGMA 150mm 1:2.8 APO MACRO DG HSM D

ランキング参加してみました♪ポチッ!と応援してねβ^^>にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by koumonomio | 2007-03-03 19:15 | 季節の行事?

月待ち

「お地蔵さん」や「馬頭観音」などの石仏や石塔の他に、
気になる石塔として、「二十三夜塔」という物があります。
「二十三夜塔」は、関東に多く見られる石塔だと聞いた事がありますが、
果たしてどうなのでしょうね??

茨城県には、久慈郡大子町に「月待ちの滝」と言う滝がありますが、
この名前の由来は、ここでは古くから二十三夜尊の信仰があり、
この滝の内側で二十三夜の月(月齢22.5の下弦の月)が出るのを待ち、
安産などを祈願していたためと言われています。(二十三夜講):ガイドブック参照

月待ち行事(三日月待ち・十三夜待ち・十六夜待ち・十七夜待ち・十九夜夜待ち・二十二夜待ち・二十三夜待ち・二十六待ち)には、
安産祈願、病気平癒祈願などが子供や女性に深く関係しているものも多くあるそうです。

「二十三夜塔」
f0119863_1504850.jpg

AF NIKKOR 50mm 1:1.8D

ランキング参加してみました♪ポチッ!と応援してねβ^^>にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by koumonomio | 2007-02-17 01:06 | 季節の行事?

お供え崩し(鏡開き)

この正月飾り(「松飾」&「輪飾り」)を見かけて、思わず感動してしまいました^^ゞ

「kadomatu」
f0119863_17432867.jpg

正に、「角松」!!角に松・・・お後が宜しいようでm(__)mテケ♪テン♪テン・・・・♪

今日(11日)
「お供え崩し」(「鏡開き」) をされたお宅は多いでしょうか?
σ^^家は、除夜の鐘を聞いた後にお供えした「鏡餅」を崩して、
「お汁粉」にしたり「焼餅」にしたりして毎年食べます。

「お供え崩し」(「鏡開き」)は、もとゞ新年の「仕事&行事初め」の儀式の一つです。
「鏡」が丸い事から「円滑」「円満」、 「開き」が「末広がり」の意味合いから、
「おめでたい事が続きますように」、との願掛けの意味合いがあると、
子供の頃、祖母から聞いた事があります^^・・・σ^^は、ばあちゃん子なのでw
この日ばかりは、「無病息災」を願って、「お汁粉」は外す事が出来ませんg

追記:松飾りの「門松」を、門塀の角に着けていたので、「角松」とさせて頂きました^m^ゞ
[PR]
by koumonomio | 2007-01-11 17:43 | 季節の行事?

2007年 元旦

「年始」
f0119863_852096.jpg


我が家の正月は、「若水」を取る事から始まります^^・・・朝風呂(3日までw)
[PR]
by koumonomio | 2007-01-01 08:52 | 季節の行事?